薬剤科

診療科・部門紹介

薬剤科について

薬剤科では、患者さんのお薬の他、院内にある医薬品の適性使用と過不足のない医薬品の供給に努め、病院の一部署として医療の一翼を担う様、努めています。

調剤業務(入院調剤・注射調剤)

調剤する処方薬・注射薬は、オーダリングシステムに入力され、その内容を処方箋発行という形で取り出して調剤及び注射薬の個人セットを行います。

入院調剤では入院患者さんの処方内容に疑問があった場合や調剤システムのアラートが鳴った際に処方医師に連絡・確認を行ってから調剤を行っています。

注射薬調剤では発行した注射処方せんに基づき、全病棟を対象に個人セット(翌日使用分の注射を1施用毎)で準備・払出を行い、手術室(セット交換)や透析センター、その他、外来各部署からの医薬品請求に対して医薬品の供給をしています。

病棟業務(薬剤管理指導・病棟薬剤業務)

病棟業務の一環として、入院患者さんの持参薬を薬剤師が確認し、医師や看護師に情報提供を行っています。

病棟では看護師と協力の元、内服薬の管理や薬剤指導を含めた患者さんの服薬支援を行っています。入院時から退院、退院後の薬物療法を切れ目なく支援できる様、他の医療スタッフと協力して病棟業務に取り組んでいます。

その他、薬物血中濃度を利用した投与計画の提案(TDM)や医師と事前合意に基づいた薬物治療管理など薬物療法に関する様々な支援を行っています。

医薬品管理業務

携帯端末で医薬品のバーコードを読み取り、数量を入力する簡便な方法で1日2回の発注を行っています。また、不動在庫(期限や数量)の把握を行い、必要に応じて医薬品の返品や大・小包装への変更などの医薬品在庫量の調節を行い、期限切れに伴う医薬品廃棄の縮小に取り組んでいます。

外来化学療法への参加

化学療法ではレジメン登録や管理、投与量や次回投与予定の確認、医薬品の準備と混注業務を中心にチーム医療に参加しています。

その他(各種委員会等への参加)

薬剤師及び病院職員として様々な委員会(薬事審議、褥瘡対策及び栄養サポートチーム、院内感染対策及び抗菌薬適正使用支援チーム、医療安全対策及びリスクマネージメント部会、診療録管理、クリニカルパス導入等)に参加しています。

〒020-0834 岩手県盛岡市永井12-10

TEL:019-638-2222(代表)

ゆうあいの街バナー.png
ゆうあいの里バナー.png

Copyright(C)医療法人 友愛会 盛岡友愛病院  All rights reserved.