社会福祉制度に関するご相談

医療相談・連携

​休業・退職

Q1:病気で暫く会社休業予定。給料が出ないので生活保障してくれる方法は無いか。


病気やけがのために会社を休み事業主から報酬が受けられない期間が連続3日間以上あった場合、4日目から最長1年6ヶ月の傷病手当金が支給されます。但し健康保険制度,共済組合制度に設けられている制度となります。詳しくは保険者または、お勤めの事業所へご確認ください。




Q2:仕事を退職して療養予定だが、まだ直ぐには求職できなさそう。失業保険との兼ね合いを教えてほしい。


失業保険はハローワークで求職活動ができ、就職できる状態であることが給付条件となります。病気療養中などですぐには就職ができないときは受給期間の延長手続きをすることとなります。詳しくはお近くのハローワークへお尋ねください。




Q3:病気で身体に麻痺が残り、介助も必要になり仕事に復帰できないと思われる。今後の生活保障のため何か利用できる制度はないか。


病気などで障害状態になり、日常生活や就労面で困難が多くなった場合に「障害年金」を受給できる場合があります。初診日から一定期間経過した時点で日常生活や就労に著しい制限を受ける状態になった方が対象となります。初診日に公的年金に加入し、一定の保険料の納付があることなどの要件を満たしている必要があるので、所属年金相談窓口に確認をお願いします。





診断書

Q2:透析を受けることになった。今後の日常生活にどの様な制度を利用することが出来るだろうか。


継続透析となったら、特定疾病申請をすることで診療機関ごとに毎月の医療費が1万円か2万円に抑えられます。身体障害者手帳を受給できる場合が多いので、申請して医療費の還付申請や交通費の助成などに活用が可能です。原則65歳前に発症の方は障害年金の検討も可能となり、年齢や病名によっては介護保険の申請も可能です。




Q1:人工肛門の造設手術をして蓄便袋を装着している。見積もりをもらって役場で申請すれば給付可能と役場で案内された。どの様に手配すると宜しいか。


身体障害者手帳を所持すると、障害に応じた日常生活用具の給付制度があり、所得に応じた自己負担があります。
パウチ(蓄便袋)は給付項目に有ので、市町村役場の障害福祉課・指定業者に相談し、必要書類を添付して申請することが可能です。




Q3:高齢で難聴が進んできている、補聴器の購入を考えたいが高額。何か助成は受けられないか。


身体障害者手帳の聴覚機能障害に該当すれば、補装具として補聴器給付申請が可能です。補聴器の形態により基準額が決まっており、基準額内であれば一部負担で購入可能の見込みがあります。耳鼻科Drに手帳の該当状態かご相談ください。。





退院後の生活・在宅療養

Q1:現在在宅で腹膜透析中。障害年金手続きできると聞いたので、手続き方法等教えてほしい。


一般的に透析導入3ヶ月後に障害年金の申請が検討可能です。自身の年金を管轄する役所・年金事務所などに相談し、自身の年金掛け金状況などの確認をして申請可能か確認をお願いします。





指定難病の申請

Q1:パーキンソン病で、主治医から指定難病の申請を勧められた。どの様な制度でどの様に手続きするとよいか。


難病の方へ向けた医療費助成制度は、難病法に基づき指定された難病について、効果的な治療方法の確立のための治療研究と共に長期の療養による医療費の経済的な負担を支援する制度です。申請の場合は、院内担当者が手続き等の紹介をします。




Q2:指定難病更新書類が届き、個人票(診断書)を病院に頼みたい。どの様に進めたらいいか。


入院中は入院病棟に、通院中の方は各外来受付に書類の提出をお願いします。




Q3:指定難病に認定されると、1ヶ月の医療費が累計で計算されると聞いた。どういう手配になるか。


指定難病の該当になると難病受給者証と上限額管理票が発行されます。受給者証には1ヶ月の支払額の上限が記載され、1ヶ月内に該当病名で受診した医療機関や調剤薬局・訪問看護の累計額が上限額管理票に記載され、上限額に達する期間でその金額を越えないように差額請求を行います。各機関を受診する都度、必ず窓口に提出をお願いします。





自立支援医療(精神通院)

Q1:パーキンソン病で、主治医から指定難病の申請を勧められた。どの様な制度でどの様に手続きするとよいか。


難病の方へ向けた医療費助成制度は、難病法に基づき指定された難病について、効果的な治療方法の確立のための治療研究と共に長期の療養による医療費の経済的な負担を支援する制度です。申請の場合は、院内担当者が手続き等の紹介をします。




Q2:指定難病更新書類が届き、個人票(診断書)を病院に頼みたい。どの様に進めたらいいか。


入院中は入院病棟に、通院中の方は各外来受付に書類の提出をお願いします。




Q3:指定難病に認定されると、1ヶ月の医療費が累計で計算されると聞いた。どういう手配になるか。


指定難病の該当になると難病受給者証と上限額管理票が発行されます。受給者証には1ヶ月の支払額の上限が記載され、1ヶ月内に該当病名で受診した医療機関や調剤薬局・訪問看護の累計額が上限額管理票に記載され、上限額に達する期間でその金額を越えないように差額請求を行います。各機関を受診する都度、必ず窓口に提出をお願いします。





介護保険

Q1:パーキンソン病で、主治医から指定難病の申請を勧められた。どの様な制度でどの様に手続きするとよいか。


難病の方へ向けた医療費助成制度は、難病法に基づき指定された難病について、効果的な治療方法の確立のための治療研究と共に長期の療養による医療費の経済的な負担を支援する制度です。申請の場合は、院内担当者が手続き等の紹介をします。




Q2:指定難病更新書類が届き、個人票(診断書)を病院に頼みたい。どの様に進めたらいいか。


入院中は入院病棟に、通院中の方は各外来受付に書類の提出をお願いします。




Q3:指定難病に認定されると、1ヶ月の医療費が累計で計算されると聞いた。どういう手配になるか。


指定難病の該当になると難病受給者証と上限額管理票が発行されます。受給者証には1ヶ月の支払額の上限が記載され、1ヶ月内に該当病名で受診した医療機関や調剤薬局・訪問看護の累計額が上限額管理票に記載され、上限額に達する期間でその金額を越えないように差額請求を行います。各機関を受診する都度、必ず窓口に提出をお願いします。





身体障害者手帳

Q1:現在在宅で腹膜透析中。障害年金手続きできると聞いたので、手続き方法等教えてほしい。


一般的に透析導入3ヶ月後に障害年金の申請が検討可能です。自身の年金を管轄する役所・年金事務所などに相談し、自身の年金掛け金状況などの確認をして申請可能か確認をお願いします。





医療費控除

Q1:パーキンソン病で、主治医から指定難病の申請を勧められた。どの様な制度でどの様に手続きするとよいか。


難病の方へ向けた医療費助成制度は、難病法に基づき指定された難病について、効果的な治療方法の確立のための治療研究と共に長期の療養による医療費の経済的な負担を支援する制度です。申請の場合は、院内担当者が手続き等の紹介をします。




Q2:指定難病更新書類が届き、個人票(診断書)を病院に頼みたい。どの様に進めたらいいか。


入院中は入院病棟に、通院中の方は各外来受付に書類の提出をお願いします。




Q3:指定難病に認定されると、1ヶ月の医療費が累計で計算されると聞いた。どういう手配になるか。


指定難病の該当になると難病受給者証と上限額管理票が発行されます。受給者証には1ヶ月の支払額の上限が記載され、1ヶ月内に該当病名で受診した医療機関や調剤薬局・訪問看護の累計額が上限額管理票に記載され、上限額に達する期間でその金額を越えないように差額請求を行います。各機関を受診する都度、必ず窓口に提出をお願いします。





障害年金

Q1:現在在宅で腹膜透析中。障害年金手続きできると聞いたので、手続き方法等教えてほしい。


一般的に透析導入3ヶ月後に障害年金の申請が検討可能です。自身の年金を管轄する役所・年金事務所などに相談し、自身の年金掛け金状況などの確認をして申請可能か確認をお願いします。





疾患・治療内容別のご質問

Q2:透析を受けることになった。今後の日常生活にどの様な制度を利用することが出来るだろうか。


継続透析となったら、特定疾病申請をすることで診療機関ごとに毎月の医療費が1万円か2万円に抑えられます。身体障害者手帳を受給できる場合が多いので、申請して医療費の還付申請や交通費の助成などに活用が可能です。原則65歳前に発症の方は障害年金の検討も可能となり、年齢や病名によっては介護保険の申請も可能です。




Q1:人工肛門の造設手術をして蓄便袋を装着している。見積もりをもらって役場で申請すれば給付可能と役場で案内された。どの様に手配すると宜しいか。


身体障害者手帳を所持すると、障害に応じた日常生活用具の給付制度があり、所得に応じた自己負担があります。
パウチ(蓄便袋)は給付項目に有ので、市町村役場の障害福祉課・指定業者に相談し、必要書類を添付して申請することが可能です。




Q3:高齢で難聴が進んできている、補聴器の購入を考えたいが高額。何か助成は受けられないか。


身体障害者手帳の聴覚機能障害に該当すれば、補装具として補聴器給付申請が可能です。補聴器の形態により基準額が決まっており、基準額内であれば一部負担で購入可能の見込みがあります。耳鼻科Drに手帳の該当状態かご相談ください。。





〒020-0834 岩手県盛岡市永井12-10

TEL:019-638-2222(代表)

ゆうあいの街バナー.png

Copyright(C)医療法人 友愛会 盛岡友愛病院  All rights reserved.