耳鼻咽喉科

診療科・部門紹介

医師紹介

非常勤医師(岩手医大医師)

診療の概要

耳鼻咽喉科では人間が生きていくために必要な器官を取り扱う専門家です。聴覚、平衡覚、味覚、嗅覚などの感覚、そして摂食・嚥下、音声言語、呼吸などの機能、それらに必要な、みみ、はな、のど、頸部などの診察を行うことが出来ます。

当院の耳鼻咽喉科では、これら耳鼻咽喉科一般診療に加え、頭頸部外科(がん)、難聴(様々な難聴〜小児難聴、遺伝性難聴など含む)、嚥下に関する専門診療に関する専門診療にかかわる医師の診療を受けることが出来ます。

  • 頭頸部外科領域(頭頸部外科外来)では岩手医科大学附属病院で治療した後のがんフォローアップを行なっております(火曜日午後:予約制)。また頭頸部外科専門診療医師の一般診療は金曜日担当です。主に頭頸部癌の治療後の患者さんの定期的な経過観察を行なっております。咽頭ファイバー検査、CT検査、MRI検査を必要時に速やかに行い、再発や転移の早期発見に努めております。更なる精密検査や治療につきましては、岩手医科大学附属病院頭頸部外科をはじめとする近隣の病院と密に連携をしており、患者さんに適切な医療を提供を心がけております。

  • 難聴では、きこえ、ことばに関し小児難聴の専門医がご相談に対し、随時必要に応じ岩手医科大学附属病院や岩手県立療育センターと連携して診療を行います。また小学生以降の難聴障がい者(児)のフォローアップ外来として、学校や職場などとの連携をはかりながら聴力のフォローアップを行います。補聴器業者との連携も可能です。木曜日に診察を行なっております。

  • 嚥下領域では主に入院患者さんを対象とし、主治医、言語聴覚士と連携し、嚥下内視鏡検査を用いて嚥下評価を行います。木、金曜日の診察となります。嚥下内視鏡検査とは鼻から咽頭内視鏡(柔らかいファイバースコープ)をのどまで挿入し、のどの動きと感覚や実際に色々な形態の食べ物を食べて頂く様子を直接モニターで確認しながら評価を行う検査のことです。梗塞などやその他のリハビリテーションで入院されている患者さんの中には、病状の進行による影響や、口・のどの動きや感覚の低下による誤嚥性肺炎を発症させる方がおられます。経口摂取ができない期間が長くなるほど飲み込みの働きが落ち、生活機能の質の低下に繋がってしまいます。当科では専門の言語聴覚士と協力し嚥下内視鏡検査を行うことで、患者さんに適切な形態のアドバイス、飲み込みのリハビリテーションを提供するお手伝いをしております。

受診案内

<外来診療>

  • 火曜日:PM 岩手医大(頭頸部外科:予約制)

  • 木曜日:PM 岩手医大

  • 金曜日:PM 岩手医大

*岩手医大医師=木曜日 受付時間は13:30~16:00まで/金曜日 受付時間は13:30~16:00まで

*火曜日は、頭頸部外科の予約制となります。受付時間は13:30~16:30までです。