医療従事者の負担軽減及び処遇改善に関する取組みについて

取り組み

当院では、医師・看護師・その他医療従事者の負担軽減及び処遇改善のため、以下の項目について取組みを行なっております。

勤務医の負担軽減計画及び処遇改善について

医師の労働時間短縮に向けた取組み

  • 当直翌日の業務負担軽減

  • 連続当直とならない勤務体系の確保

  • 日直要員への非常勤医師の活用

  • 地域の保険医療機関との連携強化

他病院との業務分担

  • 看護職員による診察前の症状、既往歴の聞き取り

  • 入院時支援担当職員による入院説明、基本情報の収集及び常用薬の確認

  • 臨床検査技師による腹部エコーの実施

  • 薬剤師による服薬指導

  • 医師事務作業補助者の配置

勤務医以外の負担軽減計画及び処遇改善について

看護部

  • キャリアアップ支援(国内留学制度への支援及び管理、特定行為研修の支援)

  • 長期休業者(産休、育休)への職場復帰支援

  • e-ラーニング教育の構築

  • 看護職員、看護補助職員の確保

薬剤部

  • 各種支援システム導入による負担軽減の構築

  • 薬剤師と医師との事前合意に基づく協同体制の維持

  • 入院時持参薬鑑別100%実施

  • 抗癌剤、中心静脈栄養の薬剤師による無菌調整

  • 薬剤師の確保